オリジナルTシャツ 作成のコツ【遠くから見ても目立つ】

ネットから申し込める

Tシャツ

デザインデータを送ります

学校行事や企業のPR活動などでオリジナルTシャツは活用されています。自分たちで考えたデザインが実現するのでオリジナリティが生まれます。チームで使えば連帯感が高まり記念に残しておけます。通気性が良いのでイベントが終わっても部屋着として活躍します。チームのユニフォームだけでなくオシャレを追及することも可能です。以前はオリジナルTシャツを作る専用業者を探す必要がありました。しかし現在ではネットの普及により最寄りの業者がすぐに探せるようになっています。素材や色も豊富に選べるのでコストを抑えることもできます。良い業者を見つけたら専用フォームから申し込みましょう。サイズ・色・枚数を指定したら大まかな見積もりがわかります。デザインが決まったら指定された形式でデータを送ります。手書きデータを送ってもいいですが色の指定は詳細まで行いましょう。既にオリジナルTシャツを作成している場合、業者によってはデータが一定期間保存されています。追加制作するかどうか考えているなら保管してくれる業者が便利です。データを送ったら、デザイナーがそれをもとにイメージを送ってきます。誤字脱字がないことを確認したら印刷が始まります。注文時に支払い方法が確定するのでクラスなどの単位なら領収書を忘れないようにしましょう。早いと数日でオリジナルTシャツが届きますが、混んだ時期ですと2週間以上待つこともあります。急いでいるのなら短期納品の業者を選ぶといいでしょう。